全国公立文化施設協会より「公文協 貸館ソリューション・推奨システム」に認定されました。

「公文協 貸館ソリューション」とは、ホール系文化施設の施設予約管理(貸館)に必要な機能が備わり、会員施設の業務の効率化と事業の活性化に資するものとして、賛助会員が提供する一定の基準(性能,価格)を満たした施設予約システムを、全国公文協が「推奨システム」として認定するものです。(公文協WEBサイトより)

施設予約システム【いつでも貸館】は、公文協貸館ソリューション・推奨システムとして、全国公文協と協議してスペックを決めております。
体育施設や公⺠館等とは異なり、ホール施設にはホール施設ならではの複雑な運⽤に耐えられるシステムが求められますが、当該クラウドサービスは完全に対応しており、多くのホール施設でご評価いただいております。

講座運営システムの新エディション【いつでも学習】は、コスト低減効果の高いマルチテナント型 SaaS を採用して、機能的には一切妥協せず、お客様にとって使いやすく高性能を目指し、長年培ってきたノウハウを集大成したシステムになります。

マルチテナント型 SaaSならではの無償バージョンアップを保証して、比類ない価格性能比を実現しており、今までコスト的にシステム導入を諦めていたならば、当該クラウドサービスで全て解決できます。

無料でトライアル(お試し利用)できますので、フルスペックの講座運営システムをご体験いただければ幸いです。

2019年度末の時点で、クラウドサービス3種のトータルご利用数は41になりました。

内訳は下記です。
【いつでも発券】チケット販売システム:20
【いつでも貸館】施設予約システム:19
【いつでも学習】講座運営システム:2

チケット販売システムは、2004年からの別エディションも合算しますと約170団体様に展開させていただきました。
施設予約システムは、2004年からの別エディションも合算しますと約70団体様に展開させていただきました。
講座運営システムは、下期リリースなので導入数は少ないですが、厚木市様にご採用いただきました。

このたび弊社が「IT導入支援事業者」に採択されまして、弊社が扱う「いつでもシリーズ」3システムが、補助金対象(ITツール)になりました。

●施設予約システム【いつでも貸館】

●チケット販売システム【いつでも発券】

●講座運営システム【いつでも学習】

初年度経費の2分の1に対して補助金を申請できます。(申請には条件・期限・審査がございます)

【IT導入補助金2020】  

令和元年度補正・令和二年度補正(特別枠含む)

サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金

https://www.it-hojo.jp/

IT導入補助金2021の対象ツールに採択されました。

このたび弊社が「IT導入支援事業者」に採択されまして、弊社が扱う「いつでもシリーズ」(下記3システム)がIT導入補助金2021の対象(ITツール)になりました。

●施設予約システム【いつでも貸館】
●チケット販売システム【いつでも発券】
●講座運営システム【いつでも学習】

【IT導入補助金2021】 https://www.it-hojo.jp/

「通常枠A類型」  又は 「低感染リスク型ビジネス枠D類型」で補助金の申請が可能です。

 

2021年度 (公社)全国公立文化施設協会・研究大会(栃木)に協賛事業でブース出展しました。

6月10(木)~6月11日(金)、栃木県総合文化センターで開催された「公立文化施設協会研究大会」へ、いつでも貸館・いつでも発券・いつでも学習の3システムを出展いたしました。

昨年(愛知大会)は中止になりましたので、2年ぶりの公立文化施設協会研究大会になります。

例年より参加者は少なめでしたが、目的を以って出展ブースへ足を運ばれた会員様とは、内容の濃いお話ができました。